スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

★88.8%の改善率!今野式・近視改善エクササイズ!

視力は回復できる!

近視、視力低下の原因は血流障害!?

3万人以上の方の視力を回復させてきた方法

「眼鏡やコンタクトは煩わしい」
「近視がひどく、常にストレスが溜まる」
「手術やお金をかけずに視力を回復させたい」
「裸眼で生活を送れるようになりたい」

このように近視でお悩みの方に、
たった1週間で視力を回復する方法をお伝えします。

・レーシックなど手術ではないので安全
・6歳の子供でも実践できる手軽な方法
・金銭的な負担がなく安心

88.8%の方がその場で視力を回復した方法です。

マニュアルでの実践内容は

1.近視・視力低下の正しい原因を理解する
2.ある方法で血流障害を改善し、近視の原因を取り除く
3.近視の原因をつくらない生活を送る

DVD+先生のメールサポート付き!

詳細はこちら>> 88.8%の改善率!今野式・近視改善エクササイズ!


今野清志

「本当に手術以外で近視を改善させる方法はないのか」
という課題を掲げ、20年以上研究を続けてきました。


世間に出回っている、様々な原因説を検証してみたり、
マッサージの効果を試してみたり、目だけではなく身体との密接な関係をも
視野に入れ、様々な研究と実践を繰り返してきました。

その研究が10年を過ぎようとしていたとき、
近視改善エクササイズを発見し、
現在も更に研究・改良を続けている。

約20年前に目の美容室・日本リバースを開業し、
10万人を超える方の体の不調を整えるお手伝いをさせていただきました

日本中から患者様が訪れ、
3万人以上の方の視力を回復させてきました。

出版社などのメディアなどの特集でも注目を集めている。

詳細はこちら>> 88.8%の改善率!今野式・近視改善エクササイズ!

スポンサーサイト
健康系、その他 | 【2011-07-12(Tue) 01:01:56】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

映画のセリフと翻訳のスクリーンプレイ

スクリーンプレイ、エリンブロコビッチ、表紙

英語の勉強にスクリーンプレイを買ってみました。

DVDも持っていて、何回も観ている映画なのに、
セリフを読むと、こう言っていたんだ~と発見の連続でした。

「スクリーンプレイ・シリーズ」の、なによりもその最も重要な特徴は
「映画のセリフを限りなく100%の精度で文字印刷する」というところです。

映画の有名度、話題性、主演のジュリアロバーツなど、
映画だけでも楽しいのですが、生の英語も勉強できます。

この出版社からは数多くの映画のセリフが翻訳されていて、
クエンティンタランティーノ作品、トムクルーズの映画の本も
買ってしまいました。
どちらの作品も映画とセリフの両方を楽しんでいます。

過去に観て、面白かった作品を選ぶと学習速度が高まると思います。

スクリーンプレイ、エリンブロコビッチ、見開き

見開きの右側がセリフ、左側が翻訳となっており、
単語などの説明も横にあります。

「映画スターが英会話の先生」 
これはスクリーンプレイ・シリーズの創刊当初からのキャッチフレーズですが、
当社の創始者がこのシリーズを発案・発想したのは1980年代です。

いくつかの大企業が外国に事務所と工場の進出を本格的にはじめ、
多くの派遣職員や家族が学校時代を思い起こし、
英会話学習を真剣に取り組み始めた頃です。

外国への留学生も相当数になり、TOEICやTOEFLの受験者が急激に増えました。
円高が進行し、新婚旅行をはじめ海外旅行が身近になりました。
年間海外旅行者数が1000万人を超えたのもこの時期です。

こうして、我が国は本格的な国際化への道を歩みはじめましたが、
帰国者のほとんどの感想は「もうすこし、英語を勉強しておけば‥‥」というものでした。

日本人の語学力の未熟さ。とくに今や国際言語ともいわれている
英語コミュニケーション(会話)能力の不足は、学校教育のあり方の議論を沸騰させ、
民間英会話システムや英会話学校の乱立をもたらしました。
それらの中には受講料が相当高額なものも登場しました。

もっと身近で、安価で、継続性がある学習方法はないのか? 
当社が新しいアイディアを発見したのは、いわゆる耳にこびりついてしまっている
「カタカナ英語」から脱却し、「ネイティブ音声」を楽しく、
気軽に手に入れる方法がないものか考えた時でした。
「そうだ映画がある」「映画なら自分の部屋にネイティブの先生を迎えられる」
「しかも、自分の好きな映画スターの先生が」 スクリーンプレイ・シリーズ誕生の瞬間でした。



本、語学系、辞書 | 【2011-07-09(Sat) 08:23:38】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 最近、読んだ本、気になる商品、試した健康グッズの詳細と感想・レビュー All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。