スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

岩本能史 著「非常識マラソンメソッド」を読んだ感想とその後

非常識マラソンメソッド

「ヘビースモーカーの元キャバ嬢が9ヶ月で3時間13分」

よりは、

「最小のトレーニングで最大限の効果を発揮するメソッド」

に惹かれました。

作者はランニングクラブを主宰する岩本能史氏。

最小のトレーニングは「坂道トレーニング」と「ビルドアップトレーニング」がメイン。
それぞれに経験などから独自の距離やタイムなどが採用されているようです。

確かにどちらのトレーニングもよくあるトレーニングです。
読んでいて、自宅の近くの坂道を探してしまいました。

レース前などの食事なども、生理学的に考えられている感じがします。
かなり研究されたのでしょう。
トップレーサーでも似たような研究を実用化していると思いますが、
その市民ランナー版という気がしました。
実際のレースにそのまま役立ちそうです。

腕降りなどフォームに関しても独自の見解がされていますが、
写真だけではわかりづらいかもしれません。

「かかと」からの着地はNGとのことで殆どのトップレーサーは
「かかと」から着地していないとのこと。
女子マラソンの小出監督のサイトでは「かかと」から着地するので、
シューズの「かかと」部分を削らせないと言っていたのを思い出し、
ん???みたいな。
言葉の見解の違いなのかもしれませんが…。

作者の主宰するランニングクラブの入会条件が10km走れることらしく、
この本の主体はランニングクラブからきているので、
10km走れていない初心者には意味不明かもしれません。

全編にわたり、キャバ嬢の「アイさん」が登場してましたが、
一度でもフルマラソンを走って、苦労と達成感の知っている人は
この「アイさん」に共感してしまうかもしれません。

何度も読み返して、現在、この本を読んで1年以上経ちましたが、
練習方法やモチベーションを保つのに良かったと思います。
環境などもあり全て同じトレーニングをすることは難しく、
未だにサブスリーには達していませんが、
力はついたと思います。通過点での読み物として良かったです。

ネットで見かけた読者のレビューでは

・他の本では書かれてないこともあり、参考になる点も
・色々な選択肢の一つとして
・何を取り入れるかは自分次第
・役に立つところだけ拾い読みするだけでも十分
・その通りにするには無理がある

と、中級ランナーくらいまでであれば読んで損はしなさそうな感じです。

サラッと読めて、すぐに活用できる実用的な部分も多く、
マラソンのモチベーションをキープするのにも良い一冊と思います。



非常識マラソンメソッド
>>Amazonでみる
>>楽天でみる
>>Yahoo!ショッピングでみる


本、実用系、自己啓発系 | 【2013-12-21(Sat) 07:26:56】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 最近、読んだ本、気になる商品、試した健康グッズの詳細と感想・レビュー All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。