スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

福山雅治主演の映画「そして父になる」を観た感想

そして父になる

内容はエリートで勝ち組の福山の都会的な家庭と
しがない電器屋の店主リリーフランキーの
田舎のほのぼのとした感じ。
この二つの家庭が交流していきます。

子供が逆だったのを知らずに6年後、病院から伝えられる。

主演の福山雅治は東京スカイツリーが見える
ホテルのようなマンション住まい。
かっこいい。

小説、東京タワーの著者リリーフランキー、
かなり味のある演技をしてます。

奥さんや子供たちもハマリ役かも。

都会的で少し冷たい印象の家族が
リリーフランキーの家族に影響されて
変化していく様子が垣間見えました。

子供を持った人たちはかなり共感できる映画かと思います。

映画がノベライズされているようです。
ネットで見かけた読んだ人のレビューでは

・映像では描ききれなかった内容も
・なかなか感動もんです
・涙無しには読めません
・映画より本の方が内容が深い
・本は本で面白い

と、本の方も良いようなコメントを多く見かけました。
映画を観る前に読んだ人もいるようですが、
本の方が内容が深いようなので、本も読みたくなりました。



そして父になる [ 是枝裕和 ]
>>Amazonでみる
>>楽天ブックスでみる
>>Yahoo!ショッピングでみる
>>ヤフオク!でみる


映画、音楽、CD、DVD | 【2013-12-20(Fri) 07:13:49】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 最近、読んだ本、気になる商品、試した健康グッズの詳細と感想・レビュー All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。